葉酸の大切さについて

葉酸の不足による赤ちゃんの影響

近年になって、葉酸の大切さや葉酸の不足によってお腹の中の赤ちゃんに影響が出る事がわかってきました。

 

その葉酸の効果は厚生労働省が母子手帳に葉酸をしっかり摂る事を明記して指導するほどです。
では、葉酸が不足する事によってお腹の中の赤ちゃんに出る影響とはどのようなものでしょうか?

 

葉酸が不足すると赤ちゃんに障害が出るリスクが高くなってしまうのです。
障害は神経管奇形といったものなどです。葉酸は細胞を造る時にたくさん使われて減少してしまいますし、葉酸を摂ると流産をしなくなるとも言われているので本当は妊娠中より妊娠前、さらにそれ以前にしっかり摂っていてほしい栄養素なのです。

 

お腹の中の赤ちゃんはお母さんの身体から栄養をもらっているので、お母さんの体の栄養が不足すればそれだけ健康で丈夫な赤ちゃんが生まれてくるかも心配になります。

 

妊娠前からでなく妊娠してからでも間に合いますので、お腹の中の赤ちゃんのためにも葉酸をしっかり摂っておきたいですね。

 

葉酸が含まれている食材を多く摂る事はもちろん大事ですが、自分に葉酸が充分に足りているかはっきりとはわかりません。知らないうちに葉酸不足になっているということのないように葉酸のサプリメントなどで不足分の葉酸を摂ることをおすすめします。