アロエヨーグルトが危険!

ヨーグルトはプレーンを選びましょう!

妊娠中はそれまで飲食しても平気だったものが危険な作用をもたらすことがあるので注意が必要です。薬は避けた方がいいと言われていますよね。それは赤ちゃんが大事な期間を造る時に影響が出ることもあるからです。「器官の形成異常」のリスクを上げないためにも服薬はできるだけ避けましょう。では、サプリメントだったら医薬品と違い副作用もなく安全のような気がしますが、全てが安全というわけではなく妊娠中になると飲んではいけないサプリメントも存在するのです。
例えばアロエのサプリメント。サプリメントだけでなくアロエの果肉や果肉が入ったヨーグルトなども妊娠中は食べない方がいいでしょう。ヨーグルトを食べたい場合にはプレーンなものが良いです。妊娠中は便秘になりやすいので、ついつい便通を良くするアロエ入りのヨーグルトが食べたくなります。
でもアロエはお腹の中の赤ちゃんの便も出てしまう恐れがあり、羊水が汚れる危険性があります。
また、ビタミンAの過剰摂取も危険です。ニンジンなどの野菜からビタミンAを摂る分には問題なく、しっかりと摂った方がいいのですがドリンク剤に含まれるビタミンAは胎児に悪い影響を与えてしまいます。疲れた時にも気軽にドリンク剤を飲まない方が良いようです。
妊娠中に葉酸が良いと葉酸のサプリメントを飲んでいる方が多いようですが、葉酸のサプリメントの中には鉄分も含まれています。葉酸をしっかりと摂ることは推奨したいですが、鉄分は摂りすぎると害になりますので、葉酸のサプリメントを摂る際には注意が必要です。
妊娠中はしっかりとした食事と葉酸のサプリメントの摂取、無理のない軽い運動をして過ごしましょう。