妊娠したい!そう思ったら葉酸?

妊娠コラム

葉酸を妊娠中に摂るといいと言われていることを御存じでしたか?

 

葉酸は健康を保つために必要な栄養素のうちの1つですが、
造血効果や新しい細胞を作るサポートをしている栄養素です。
そのため、お腹の中の赤ちゃんが急激に成長する時期である妊娠中に摂ると細胞分裂の促進などでその成長をサポートします。

 

神経管閉鎖障害といった先天性の異常が発生するリスクも減らすといわれているのでお腹の中の赤ちゃんの為にも積極的に摂りたい栄養素ですね。

 

栄養素が少なくても多く摂りすぎても健康に支障が表れることがありますが、葉酸はどれくらいの量を摂れば良いのでしょうか。

 

 

妊娠中の葉酸の適正摂取量は0.4mgと言われています。

 

ちなみに、1mg以上の摂取は避けた方がいいと厚生労働省は呼びかけています。

 

葉酸は水溶性のビタミン、つまり水に溶けていくビタミンなので摂りすぎてしまっても尿として排出されるので神経質に摂取量を気にしなくても大丈夫です。

 

極端な量を摂取するのは避けた方がいいという事でしょう。
妊娠中の妊婦さんは体調不良をおこしたり、貧血に悩まされることの多い時期が続きます。

 

妊婦さん自身の体調管理や健やかにお腹の中の赤ちゃんを育てるためにも葉酸を摂取していくことをおススメめします。

 

ただ、つわりで食事がとれないという方も多いと思いますのでそういう時には葉酸サプリがおすすめです。