妊娠したら便秘になった

妊娠したら便秘になる3つの理由

妊娠中は便秘になりやすいとよく言いますが、その理由は大きく3つあります。

 

・お腹の中の赤ちゃんに水分をとられて便が固くなりでずらくなる
・赤ちゃんが大きくなるために腸が圧迫されて便秘になりやすくなります。
・妊娠中は黄体ホルモンが多く分泌されるため、腸の動きが鈍くなり便秘になりやすくなります。

 

通常便秘には縁のない人もなりますし、元々便秘気味の方は妊娠によってさらに症状がひどくなることがあります。

 

便秘をしていてもお腹の中の赤ちゃんは胎盤の中で守られていますが、
出産の際、産道を通る時に菌をあびてしまうので出来るだけ便秘を治しておきたいですね。

 

妊娠中の便秘を治すには

便秘を治すには、

 

・まず便意を感じたら我慢をしないこと
・バランスの良い食事を摂って規則正しい生活を送り
・ストレスをためない様にすることです。

 

生活習慣を整えることは食生活と同じくらいお腹の調子を整える効果があります。
また、適度な運動は腸を刺激して蠕動運動の働きを助けます。
適度な運動はストレスをやわらげる効果もありますので一石二鳥ですね。

 

それでも便秘が解消しない場合

妊娠中に使用できる薬もありますので医師に相談した上で薬を飲むことをおすすめします。
薬を飲みたくないからと痛みを我慢する妊婦さんもいますが、便秘からくる腹痛なのか子宮の収縮が原因の痛みなのかわからなくなってしまうので、我慢しすぎずに医師の診察を受けましょう。
できるだけ便秘薬に頼らずに食事や生活習慣を整えて便秘の解消を目指す、それでも難しい時に医師に相談したうえで服薬をしましょう。

 

そして、母子手帳にもある通り葉酸のサプリメントは忘れずに飲みましょう。
サプリメントには食物繊維もバランスよく含まれているため、便秘改善に一役買ってくれるはずです。
薬が不安だと思う方はまず、サプリメントで改善できないか試してみましょう。