葉酸の働き

葉酸を積極的にとろう

葉酸は体のどの働きに必要な栄養素なのでしょう?
葉酸はDNAを構成している核酸を合成する働きや赤血球を生成する働きを担います。
そのため妊婦さんは特に意識して摂取すると良いと言われています。

 

 

葉酸が体内で不足すると貧血を起こしたり、妊婦さんの場合はお腹の赤ちゃんに神経性閉鎖障害といった障害が生じたりする可能性があります。 

 

1日に必要だと言われる葉酸の摂取量は、
成人の男性も女性も200μg(マイクログラム)と言われています。
妊娠可能な年齢の女性であれば倍の400μg
妊娠中の女性はお腹の600μg、授乳中の女性は500μgと必要量が変わってきます。
摂取量が増えるのは赤ちゃんのためですね。

 

妊娠や出産に関わる女性は積極的に摂取したい栄養素ですが
それ以外にも男性の方や中高年の方にも葉酸を摂取した時の働きが注目されています。
それは心疾患やアルツハイマーの予防です。
心臓発作や脳卒中の恐れがある方にも葉酸が役に立つと言われています。

 

ただ、葉酸は食事の中ではとりづらい栄養素です。
なぜなら、葉酸は水に溶けやすい栄養素ですから熱処理をしてしまうと、その栄養素が十分にとれません。 生で食べれればそれでいいのですが、現実的にそれは難しいですよね。
また妊婦さんや小さい赤ちゃんがいるお母さん、まともにご飯なんて食べれないですよね。。
ですから葉酸はサプリメントで摂取する事をおすすめします。

 

葉酸の取りすぎは?

葉酸は水溶性のビタミンなので、1日の許容上限摂取量は1000μgですが
上限を超えてもその分は腎臓から尿として排出されます。
多少のオーバーであれば神経質に摂取量を管理する必要はありません。

 

年齢や性別にかかわらず、どの方にも葉酸は身体の構成と健康を維持して
病気やトラブルを防ぐのに必要な栄養素であるので、
日々の生活や食事に葉酸を多く含む食材を取り入れたり
サプリメントを利用するなどして葉酸を摂取して行きましょう。