葉酸は女性の味方

妊娠中意外にも! 普段から葉酸を摂るメリット

葉酸はお腹の中にいる赤ちゃんが正常に発育するために必要な栄養素であると知られています。
それは葉酸がDNAの中心物質である核酸を合成する働きを持っていて、細胞分裂を盛んに繰り返している赤ちゃんにとって非常に重要な栄養素だからです。

 

妊娠初期から妊娠12週目の間の時期に葉酸が不足してしまうと「神経管閉鎖障害」などの症状が現れることがあるので、その症状を防ぐ効果もあるので注目されています。

 

では葉酸は妊娠中の女性の為の栄養素なのでしょうか?
そんなことはありません、妊婦さん以外の女性にもぜひ摂取して頂きたい栄養素なのです。

辛かった貧血が…  治らなかった口内炎が…

葉酸には血液に含まれる赤血球を合成する働きがあります。
この働きは貧血の改善に役立ちます。
貧血は脳へ充分な血液が送られておらずに脳内の酸素が不足している状況で、
初期はボーっとした感覚になり、症状が重い場合は意識を失ってしまうこともあります。

 

葉酸の赤血球を合成する働きで赤血球が増えれば、
赤血球が酸素の運搬をする働きを持っているので脳内の酸素不足を改善できます。

 

また、口内炎の改善も期待できます。口内炎の原因には様々な物がありますが、
口内の粘膜が弱っていれば口内炎ができやすくなります。
葉酸には口内粘膜を強くする働きもあるのです。

 

 

最後に、これは葉酸に限らずビタミン自体の働きですが、
疲れやすい・疲れがたまっているといった疲労からの回復も期待できます。
ビタミンはたんぱく質や脂質の働きをサポートする効果があり、
疲れを効果的に抜いたり疲れにくい体に変化させたりすることが可能です。
葉酸もビタミンの1種なので、そういった働きも大いに期待ができます。