葉酸は妊婦さんに必要な栄養素

厚労省が妊婦さんに葉酸の摂取を勧告するワケ

葉酸はその名前から、なんとなく野菜だけに多く含まれているようなイメージがあります。
実際に葉酸は野菜に多く含まれています。

 

特に緑黄色野菜に多くみられ、
緑黄色野菜であるホウレンソウを抽出して発見されたので葉酸という名前がつけられていますが
実はレバーといった動物性の食品にも多く含まれているのです。
詳しくは葉酸が含まれる食物一覧

 

葉酸不足における出生時のリスク

葉酸は誰しも必要な栄養素ですが、
特にお腹に赤ちゃんがいる妊婦さんにとっては非常に重要な栄養素なのです。

 

この葉酸は赤ちゃんを正常に発育するために必要な栄養素です。
詳しく言うと細胞分裂を正しく行えるようにしたり、DNAを正しく造られるように働きかけたりするのです。
葉酸が不足してしまうと逆に細胞分裂やDNAの生成が正しく行われなくなるということです。

 

特に細胞分裂が活発に行われる妊娠2〜4週間の時期に葉酸が不足すると
赤ちゃんの正常な発育にとってリスクが高まり、
無脳症や神経管閉鎖障害という病気になる可能性があるので注意が必要です。

 

 

とはいえ、妊娠2〜4週間では妊婦さん本人も妊娠に気づいていない可能性がありますね。
本来であれば妊娠1ヶ月前から葉酸を摂取しておくのが望ましいです。
妊娠に気付いた頃は妊娠2〜4週間目が過ぎていることが多いので、
葉酸が一番必要な時期に気づかないまま過ぎていた、なんてこともあり得ます。
そのため厚生労働省は妊娠を希望する女性に葉酸の摂取を推奨する勧告をだしています。

 

もちろん、葉酸は現代人にとって必要な栄養素なので、妊娠してつわりがひどいときの食事としても
葉酸のサプリメントをとることをおすすめします。

 

 

葉酸は必要な分以上は水に溶けて流れる水溶性のビタミンですし、
妊娠を希望している方や妊娠の予定がある方は
赤ちゃんの神経障害のリスクを少なくするために葉酸の摂取を心がけると良いでしょう。